投資信託の種類と選択

MRFの内容とは

カテゴリー 未分類

 

 

MRFとは、証券会社に株式等の買い付け代金を一時的に入金しておく口座のことです。
銀行でいえば普通預金や当座預金に相当します。
昔は、預り金口座という名目でしたが、短期国債を運用するこのファンドに切り替える証券会社が増加しており、顧客ごとの預り金口座を設定している証券会社は今ではほとんどありません。

 

 

ほとんどの証券会社ではこの口座を単なる資金留保の口座と位置付けていますが銀行と証券会社が一体化している場合は、普通預金とこの口座をリンクさせることで、普通預金の資金をすぐに株式買付口座に移すことができるサービスを提供している場合があります。

 

 

最近のネット銀行などは、他の銀行への振込手数料等が安く、場合によってはゼロとなっている場合もあります。
しかし、振込された証券会社では、受入資金がどの顧客に対するものかがすぐにはわからず、買付出動したくてもできないという場合があり、結局買いのチャンスを逃してしまったということもあります。

 

 

これに対し銀行と証券会社の口座がリンクして入れば、ネット上の手続きだけて自分の資金を証券会社の自分の口座に移動させることが簡単にできます。
機動性という面で、他の証券会社を大きく引き離すことができるのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。